収入や給与

高営収(営業収入)を得ている人はタクシーを楽しんでいる。

◎都内タクシードライバーに100名に聞きました!



同じ長時間の拘束、乗務するなら結果を出したいと思うはず!

都内のタクシードライバー中にはそれなりな収入しか得ていないという人もいれば、
キッチリ稼いで満足のいく収入を得ている人もいます。

ではどのような乗務をすれば、納得のいく収入を得ることができるのでしょうか

ここではタクシードライバーの高収入を得ている人からの意見をまとめましたのでご紹介します。

 

先ずは、常に営収を上げている人から聞いて学ぶ

 毎回営収の上位にいる人はそれなりの努力や適性により、必ず営収の上位にいるのです。

10人の乗務員いれば特長がそれぞれ違います。
走り方や走る場所などその違いを聞いて、自分なりに試してみることです。

当然ですがすぐに結果がでる場合と出ない場合があります。
一日だけでなく、一か月の中で色々と試しながら自分に一番合った走り方を見つけると良いでしょう。

【走り方のポイント基本編】

1.空車の際の交差点では常に一番前で駐車することを心がける。※一番前とはタクシー空車のなかで

2.交差点で止まる際には交差点の特徴・ポイントを見極め、よりお客様がいる場所や方向を把握しておく。

3.前にタクシーの空車がいる場合は停車または徐行で距離をおき、次の交差点で先頭に止まるようにする。

以上が自然にできるようになれば、「乗車率」は上がります。

乗車時の単価の良し悪しは結果です。

先ずは"乗車率"を上げる努力をすることです。

 

4. 前の空車のタクシーが数人のお客様を乗せようとしている時は全員がその車に乗るとは限りません。
後部よりゆっくり近づき、他のお客様がこちらの車に乗る気配がないかどうかを確認の上、通り過ぎましょう。

どの地域・時間帯にお客様が多いのか。

休憩時間はどのタイミングでとれば無駄がないのかなど試行錯誤してみましょう。

 【走り方のポイント 中級編】

1.最近のナビケーションはお客様の乗客利用頻度場所が一目瞭然。データとして「場所と時間」を記憶しておこう。

乗車ポイントはそこで乗せるか乗せられないかで、売り上げが大きく違ってきます。

営収を上げている人には必ず、知っているコツやポイントがあります。

聞いてみて、自分なりに試してみることから始めましょう。

個人の性格や相性もありますがそれぞれの乗車のスタイルにより、どうしてもマネできないこともあります。

それはどういうことかと言うと乗車する時間帯や走行エリアの違い、そして経験です。

必要なのは「乗車率」を上げること!常に「集中力」を全開にして乗務しなければいけませんから集中力の持続性も併せて訓練しましょう。

2.毎回営収がキッチリ上げられる人は少なからず一日の上限の365キロ近くまで「流し」で営業しているということです。

お客様が今日は居ないと諦めずに繁華街以外の場所を流していると必ずお客様が居るということです。

3.苦手な営業場所を作らないこと。例えば六本木から新宿まで行ったら、新宿でも同じように営業する柔軟性が重要。

数字が上げられない人に限って「苦手」な場所を敬遠してしまうというのです。

その降ろした場所でも営業の場所のポイントを掴んで、乗車率を上げることが必須。

 

 一日の乗務のメリハリと売り上げ目標を楽しもう。

曜日や時期により、営収の目標は異なります。

月曜と金曜では一日の営収の平均でも1~2万円ほど違うでしょう。

一日の勤務時間をいくつかに区切り、その時間ごとの売り上げ目標を設定し、達成度を確認してみよう。

初乗務より3か月ぐらい経過とすると、あなたなりの経験値が解ります。

その経験値と併せて同僚や先輩と情報交換をして、やや高めの時間ごとの目標値を設定することをオススメします。

漠然と一日の営収目標を立てても、一日中それを意識し集中を継続するのは難しいものです。

やや細かく目標を立てることで集中力や粘りにつながり、達成感を味わいながら翌日の勤務で反省をもとに働くことができます。

達成できなかった要因を常に分析し、翌日からの対策をたてて次の業務に活かせるようにしよう。

 

一日一日の乗務経験が身を結ぶ。

 一日の業務が終わったら、良かった点・悪かった点を必ずメモや記録でまとめるようにしましょう。

翌日には前回の見直し乗務することで、悪かった点は繰り返さない。

良かった点は継続して習慣化してことが好ましいでしょう。

季節や曜日や時間帯により、お客様のいる地域といない地域の判断も感覚となりますが自分なりに判断し継続してみることにより、

無駄のない乗務で営収アップへとつながっていきます。

一日の乗務のポイントとなる記録は必ずつけ、営収の良い日の結果と見比べて次回からの乗務に活かすようにしましょう。

 

 収入が増えれば、張り合いやタクシーの運転手も楽しめます。

基本的なことですがどの業界でもやる気のない人が稼ぐことはできません。

タクシードライバーという乗務を好きになる要因を見つけ、やる気をもって日々業務にあたりましょう。

体調の良い日、気持ちが乗らない時など、自分なりに「乗務」の楽しみ方を考えてみよう。
結局のところ。お客様を乗せて「稼ぐ」ことが、一番の楽しみでしょう。

その為には、乗せる確率をいかに上げるかが最大のポイント。

そのための工夫や努力を惜しまず取り組むことで、必ず上手に稼げるようになるでしょう。

 

基本的に一人で乗務にあたる自由な仕事。大敵は自分の気持ち。「さぼり癖」があっては稼ぐことはできません。

一回の乗務の積み重ねにより一か月の高収入に繋がります。ダメの日でも、諦めず根気よく乗務する。

時には平常心も必要となります。

 

タクシーという仕事は、営業所での業務以外、共同の業務ではありません。

あなたの次第で、良くも悪くも変わります。仕事を楽しむ姿勢が重要です。

数年以上、タクシー乗務をされている方は、タクシーの仕事自身を楽しむのは当然ですが、タクシーの就職についたことをキッカケに、自分の生活を楽しんでいます。

時間の余裕ができ、趣味やライフワークが変わるようです。

↓あわせて読みたい

東京のタクシー運転手の平均年収418万(月収34.8万)円【グループ別平均給与比較】



◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

◎求人情報に記載されている以外の知りたい情報も多いのではないでしょうか。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-収入や給与

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.