待遇や環境

今、話題の借り上げ寮・社宅付のタクシー会社が人気

東京の都下(多摩地区)にそのタクシー会社が限定募集

タクシー就職したいという人の中には都内23区でタクシー乗務をするのか、都下(多摩地区)で乗務するのか、近隣の神奈川や埼玉などで乗務をするのが良いのかを悩んでいるという相談が多くあります。

今回はその中で都下にあるタクシー会社についてご紹介します。

今まで都下のタクシー会社では社宅の提供が一切なく諦める求職者がいましたが今回限定で「借上げ社宅」での募集要項で提供されます。

実際のところ一般的には都内23区より平均年収は落ちます。乗務員全体の平均月収では5万円以上の違いはあるでしょう。

しかしながら都下で乗務するメリットも多々あるのです。

都下でも人気の秘密があるのです。

乗務環境・生活環境の違い

  1. 地理試験は都内ほど難しくない。

まずは入社にあたり地理試験が都内ほど難しくないという事、「試験」は形式上という事。それ自体気が楽ですがそれと同時にそれほど「地理」に詳しくなくても実際に乗務ができるという事を意味しています。地理に対するハードルが低いということですね。

これはタクシー運転手にとって日々の乗務にも影響する一番のメリットです。

  1. 乗務エリアは限られた割と狭い範囲

都内23区勤務の乗務エリアは23区と三鷹・武蔵野市というかなり広い営業範囲。その地理を熟知しなければいけません。大半は最低でも3か月以上はかかると言われています。
お客様からの要望も幅広く、都内以外のエリアへの乗務も多く、ある程度の地理を知らないとトラブルの原因にもなり得ます。
またビジネス利用や外国人のお客様もいらっしゃいますのでより丁寧な接客などが必要となります。

その点都下は限られた地域での乗務がほとんどで、道は比較的早く覚えられます。そして何より地域密着のお客様で神経を使う事も少ない筈です。初めての場合などはストレスが少なく気軽に乗務できますね。

  1. 住みやすい環境で生活も慣れ親しみやすい。

都下エリアは緑も多く人口密集度も少ない。そして車も少なく23区とは生活環境が全く違います。地方から上京してきた方には住みやすい環境なのは確かです。
今回の都下のタクシー会社のある地域は人気の街・住宅地も含み、近隣には立川・国立・調布・国分寺など営業の立地としても良いロケーションにあります。
道を覚える負担もそうですが日々乗務する上での負担・プレッシャーは23区よりも相当少ないのは間違いありません。

  1. 収入が少ない分、生活費負担も軽減できる

個人的な好みにもよりますがこの地域は住みやすい環境でもあります。23区に比べて家賃や物価も安く、買い物にも便利なメリットがあります。そして今回の営業所には近くに借り上げの社宅がありすぐにでも居住可能です。

長くタクシー乗務員を続けたい、または上京して初めての人にオススメ

地方から上京し、右も左も分からずタクシードライバーになっての苦労のひとつは都内の喧騒に疲れてしまう事です。
私の知る傾向として、入社して数年経つと自分の帰郷や近県のタクシー会社に転職される方も多く、人によっては23区の環境に馴染めなかったのかもしれません。

そんな中、これからタクシードライバーを始めようという人に都下の借り上げ社宅を提供してくれる会社が人気を集めているのは当然の選択肢です。

 

借上げ社宅の場合のメリット

  1. 自分の住みたい場所が選べる
    例えば営業所に近い場所や生活に便利な駅近くなど、徒歩や自転車通勤できる
  1. 広さ・間取りも選べる
    地方から引っ越しする際に一番問題なのは荷物が入るかどうか広さや間取りが重要
  1. 個性ある物件にも住める
    ペット可や趣味の音楽に没頭できる防音壁の物件など好きに選択できる一般的な社宅や寮は様々な規制がある場合があり、気に入るとは限りません。また一定期間で退室することになります。その点「借り上げ社宅」の場合は一般の賃貸物件を借りるのであなたに合った賃貸物件が借りられます。

今回、その話題の一つの募集要項をご紹介します。


あなたのライフスタイルに合った乗務ができる


早番・遅番・日勤(昼日勤、夜日勤)と働き方が選べ、早番・遅番がありライフスタイルに十分対応しています。ダブル公休・トリプル公休もあり、体に優しい勤務シフト。

※数日間の連続休暇も取ることが出来ます。

 

女性乗務員の方も積極的に募集中


勤務時間などシフトのご相談ができます。
女性ドライバーも活躍中。女性専用休憩室、シャワー室を完備。
明け公休を上手く利用し、自分の時間が持てることがタクシードライバーの魅力です!

【シングルマザーの方でも積極的に募集】

※子育て中の方でも託児所の紹介など、一緒に探して安心して乗務ができる環境をつくります。

 

◎東京都下エリアのタクシーの一般データ

調布・府中・八王子エリアの売上
運送収入        41,000円
1日の走行距離   197.6km
お客さんを乗せて走っている距離  94.3km
お客さんを乗せる回数    29.2回

※東京交通新聞2015年「都内タクシー2月分輸送実績速報 多摩地区」より

東京都下エリアの収入平均

41,000円×12勤務×0.6   295,200円

多摩地区の1日の平均運送収入は41,000円。都内に比べると1割弱程度落ちますが営業の難易度などを考えると都下の多摩地区でも充分メリットがあると言えるでしょう。

※この数字は平均ですので、稼ぎたい方はそれなりに営収も確保できます。

また都内の走行距離数に比べると少なく、お客さんを乗せて走る距離が多め。
これは流し営業ではなく、駅付けや無線配車が中心だということが数字として表れているので都内より効率の良い乗務が可能です。

 

国分寺、府中、国立、立川の営業エリア
国分寺、府中、国立、立川の北多摩交通圏という営業エリアに属します。八王子・町田は南多摩交通圏という営業エリアに属します。
本来同じ交通圏内であればどこで営業をしても問題はありませんが流し営業をしない都下営業の為、無線配車や駅付けが主な営業となります。

地域密着の利用者のため配車依頼時にすぐに呼び戻せない場所にいても困るため、例えば、北多摩交通圏の調布市にあるタクシー会社の実質の営業エリアは「調布と狛江」のようにごく限られています。

北多摩交通圏
立川市、府中市、国立市、調布市、狛江市、小金井市、国分寺市、小平市、西東京市、昭島市、東大和市、武蔵村山市、東村山市、清瀬市、東久留米市

南多摩交通圏
八王子市、日野市、多摩市、稲城市、町田市

【人口】

国立市 75,178人
立川市 184,274人人
府中市 260,347人
(2015年3月1日現在)
調布市 224,021人

【主な駅の一日の乗降者数】
立川駅 168,512 名 JR東日本エリア内の1日平均の乗車人員の16位
国立駅  54,049名
府中駅 86,933人
調布駅 115,061人
因みに、渋谷駅でさえ、370,856人の6位ですから、いかに国立、立川の乗降客が多いか解ります。

これからタクシー乗務が初めての方

多少の運転に自信がない方でもおもてなしの気持ちがあれば大丈夫

都内は日本で最も人口が集中するエリア。

運転に自信がある方でも「都内の運転は出来る限りしたくないな…」と思っている方も多い筈。

国分寺、府中、国立、立川エリアでは営業エリアは狭く限られ、運転するポイントはほぼ決まっています。都内で行うような流し営業は一切ありません。
主要の駅の付け待ちと無線配車がメインですので重要なのはおもてなしの気持ちの接客力です。都内に比べても忙しいお客様が居ない点でも気が楽なエリアです。

多少運転に自信がない方でもゆっくり走行を心掛けてタクシーのお仕事ができるのがこのエリアの特徴。

 

気になる毎月の売上(収入)も安定しています。

意外と思うかもしれませんが・・・先ほどお話したようにこのエリアは流し営業はなく、付け待ちと無線配車がメインの乗務ですので乗車するお客様や乗車する時間はほぼ決まっています。
「タクシーの仕事って収入が不安定…」というイメージは間違っています。

都内の営業と異なり地域密着型の営業が基本となり無線配車でお迎えに行く率が営業の回数の中の50%。残り50%は駅やその他の付け待ち等のお客様といった営業形態により毎月の収入は確保されます。

基本的に流し営業がない多摩地区の方が給料の個人的な差が少ないのです。

三多摩は鉄道の終点になっているところも多く、深夜の乗り越しのお客様の利用もかなりありメリットでもあります。

都内特別区(23区・三鷹市・武蔵野市)と違い地理試験もなく二種免許を取得し、各種の研修・教育を受ければ直ぐに乗務できるようになります。

↓あわせた読みたい
北多摩エリアのタクシー会社でも迎車や駅構内営業で充分に稼げる

[改めて]都下のタクシードライバーの良さは・・・

  • 東京23区ではちょっと自信が無いという方、事故・違反が心配な方
  • 都内のタクシーの乗務で疲れたので都下でゆっくり乗務してみたい方
  • 地域密着のタクシーにトライしてみたい方
  • 都下郊外で武蔵野の景観と一緒に休日を楽しもうかという方
  • 住むならやっぱり都下でしょという方
  • 通勤に楽な都下のタクシー会社が良いという方

三多摩地区の特徴

東京のベットタウンで公営ギャンブル場・・・北多摩地区

北多摩地区は競馬場・競艇場・競輪場と言った公営ギャンブル場もあり日祝日を問わず利用するお客様があり多く平均して売上ができる地域と言っても過言ではないと思います。
またJRの乗降客数ランキングの中(2012年度調べ)の14位に立川駅ランクされており多摩地区最大の駅となっているため利用客も多くなっております。
東京のベットタウンと言ってもおかしくないエリアにあり朝の時間帯など通勤通学のお客様も数多くご利用があります。

観光が盛んの高尾山や多摩御陵と繁華街・・・南多摩地区

南多摩地区の特徴としてはJRの乗降客数ランキングの中(2012年度調べ)の50位以内の駅、八王子駅・町田駅があり私鉄などが乗入れ朝・夕・夜と利用するお客様がかなりいます。
夜の八王子駅付近はリトル歌舞伎町と言われるくらいの繁華街があり24時間利用客があふれかえっています。町田駅は若者に人気の町で大学などの多く賑わいがあります。

また観光も盛んで高尾山や多摩御陵などもあり利用者も増えております。

東京都の中でも人口が多い町、多摩ニュータウンもあり利用者は多く売上も安定しています。

リピーターのお客様が多い・・・西多摩地区

西多摩地区は典型的な地域密着型の地域で人口58,076人、その中でもリピーターのお客様が多く無線のお客様利用率が三多摩NO1です。

エリアの中には大手企業の工場も多く、その利用者は長距離が殆どです。ここでも売上は上がる要因ともなっております。

多摩地区でのタクシードライバーの魅了はいかがでしたでしょうか。

他業種からの転職も多く年齢も若い方から定年後に転職をして頑張っている方もいらっしゃいます。
是非やる気のある方、運転に自信がなくても人と話すのが好きな方、一度営業所に行ってお話を聞いてみませんか。

勤務形態や勤務時間なども柔軟な対応ができる営業所をご紹介します。

女性の方も興味がある方は是非この機会お待ちしています。

ご質問、問い合わせは

当サイト運営の株式会社メイクスタッフまでご連絡ください。

都内23区のタクシー転職に関心ある方は是非、ご覧ください。

↓あわせて読みたい

東京の寮・社宅完備のタクシー求人の厳選8社[高待遇の完全個室]




◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

求人情報に記載されている以外の知りたい情報も多いのではないでしょうか。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-待遇や環境
-

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.