タクシー転職 ブログ

人生も色々!仕事も色々。最終的には自分の進路は自分で決める。

 

平均寿命・男女ともに最高。第三の人生を楽しみたい

昨年2018年の日本の女性の平均寿命は87.32歳。男性が81.25歳。

あと15年弱しか生きられないと言うこと・・・?!

世界的には、男性が第三位。一位が香港。第二位がスイス。そして日本。

良く言われる「健康寿命」。ただ生きていれば良いというものではない・・・けど

現在、在職しているタクシー仲間の最高齢は76歳。70歳代は、数名いるが、週2回乗務で月8回の勤務。

年金生活+αの乗務だから、本格的には運転はしていないようだ・・・

 

60代ぐらいまでは、現役ドライバーとして続けようと思うが・・その後の人生が問題。

経済的なことより、毎日が暇すぎて、何年生きるか判らないけど、、、毎日、何して暮らそうか???

こんなこと、以前は考えたことが無かったが、最近はやけに身近になり考えざる得ないね。

 

地方再生の一貫で、古民家を貸してくれる・・そして手当までくれる話をテレビで観たけど・・「農家」自給自足の生活でもしてみようか。

元々は、田舎暮らしがイヤで東京に上京してきたけど、やはり田舎・原点に戻るのも選択肢としていいかもね・・・夜明けとともに畑仕事、

体力が許す限りは、ゆっくり食べるだけの作物を作るのも・・いいかも・・

 

地方の小さな町でタクシーの仕事でも、10万円ぐらいもらえれば・・充分に暮らしていけるし、暇すぎる生活では、寿命を待つみたいで、気が狂いそうかも。

 

第三の人生設計。タクシー生活から墓場まで・・・

そう言えば、毎月数名の高齢者が入社しています。
60代前半ですが、道を覚えるのに苦労しているようだが、習うより慣れろで、どれだけお客さんを乗せるかが「勝負」

もう昔のはなしてすが、経験から言うと、3か月ぐらいすると「プロのような顔」で自信満々で乗務していたような気がします。

何ごとも「石の上にも三年」というけど、タクシーなら「三カ月」が勝負だね。

だから「給与補償」の期間も三カ月で、その人なりの結果がでるということ・・・

 

タクシーの指導された通り、乗務すれば、必ず結果はついてきますね。

逆に、最初のうちは、「全員」が良く稼ぎます。

ビギナーズラックと言うことがあてはまる仕事。

 

世田谷の野川付近で、お客様を降ろしたら、その後「ひまわり」が咲いてたので・・・

あまりの暑さで、枯れそうたったけど・・撮りました。

 

「これでいいのだ」マコト

 

-タクシー転職 ブログ

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.