初めてのタクシー就職 就職前のおすすめ記事

未経験で働きやすいタクシー会社の求人の条件【仕事探しのポイント】



夜明けと共に一日の乗務の終わりに爽快な気分と達成感を味わえる

タクシードライバー特有の隔日勤務は夜明けの時間帯に終わる。
清々しい気分もその日の営業収入により変わるが帰庫した時に営業所が気分良く迎えてくれる事は何よりの事・・・。


今回は働きやすいタクシー会社の“求人の条件”をお伝えします。

未経験で働きやすいタクシー会社の求人とは?

目次

1.必要以上に売上・営業収入にこだわらない会社

タクシー乗務を始めると必ず日々の営業収入が気になります。自分の営業収入と併せて、当日の他の乗務員の数字が気になります。しかし自身の休憩の取り方や走るルートによって日々変わるので気にし過ぎるとストレスになります。会社によっては個人の評価を所長や運行管理者が指摘・叱咤激励をします。

当然平均額より上回るようであれば問題ありませんが平均額よりかなり下回るようだと全体の平均値が落ち込み、会社や営業所の評価も落ちます。
そんな時などに個々の乗務員への必要以上の注意や指摘がある会社があります。当然会社としては必要以上の指摘はしませんが嫌味の1つや2つぐらいの言葉を掛けてきます。

営業を強化する事で事故への誘発もあり、その点が瀬戸際でもあります。話し方1つで運行管理と乗務員の不仲も発生します。

そのような会社は中小の会社や小さな営業所にあり得る話でその点にも留意しておきたいところです。

ココがポイント

最近は都内23区のタクシー会社だけではなく、都下(多摩エリア)や埼玉県や神奈川県も人気です。その理由には営業範囲が限られていて乗務しやすい事、駅構内の付け待ち営業と無線配車で都内と変わらず稼げる事が要因にあります。都内の道を覚えるのが難しい・流し営業が出来ない・したくない方にとっては働きやすいロケーションとなるでしょう。

2.事故や違反で必要以上に咎めない会社

重大事故もそうですが単独事故等、車輛に損傷を負わす事で運行管理よりかなりきつい指導・指摘をされる会社も少なくありません。
もちろん好きで事故をした訳ではありませんが事故の大半は本人の過失が原因です。その原因に対して重箱の隅をつつくように注意する運行管理は少なくありません。職務ですから当然ですが事故により本人もメンタル的なダメージと乗務後の疲れがあります。必要以上に責められる事で以降の乗務も“トラウマ”で萎縮してしまう事もあります。

事故当日というより後日の指導などに留めて、事故への再発防止を一緒に考えて貰える会社が働きやすい会社と言えるでしょう。

↓あわせて読みたい
タクシー会社選びの最大のポイントは「事故弁済」の求人募集内容!

3.挨拶を徹底して誰もが笑顔でいる会社

タクシーの会社には様々な人が転職をしてきます。20代の新人から60代の超ベテラン、お堅いホワイトカラー出身者や元ダンプカーの運転手など、どこのタクシー会社にも言えますが全体的には人柄は良く社内で直接的な営利に関係しない分、朗らかな雰囲気です。

但しどの社会にも風変りの人や偏屈な人は居ます。入社して挨拶しても返答がない人がいるのもタクシー会社の特徴かも知れません。普通の会社勤めでは嫌いな同僚でも上司でも挨拶をすると一応挨拶が戻ってきますが・・・。

タクシー会社の場合は所詮ひとりで営業するスタイルの性か愛想のない人も稀に居ます。その点最低限の挨拶を徹底している会社が好ましいでしょう。やはり点呼して一日の始めから気持ち良く乗務したいものです。

 

4.給与明細の内容が明確な会社

以前は給与明細が分かりにくい・ハッキリしないというタクシー会社が多々ありました。運行管理者に聞いても明確な計算方法が分からないような仕組みの給与明細です。

やはり「雇用契約書」と併せて入社する前には自分でもしっかり理解しておく事で目標も立てやすくなります。
入社した給与の報酬の詳細が分かりにくい場合は確認して納得しておけば働き易くなるでしょう。

↓あわせて読みたい
タクシーは歩合率の比較で判断できない給与明細の仕組【からくり】

 

5.隔日勤務の他に日勤・夜日勤のシフトがある会社

新人は道を覚える事とタクシー乗務に慣れる目的から隔日勤務から始める会社が大半です。しかしながら特殊な勤務体系という事もあり、長時間運転や深夜乗務により体調を崩したりした場合に日勤業務にシフト変更も考えなければなりません。

入社して2年間の二種免許の就業期間の縛り等があり、いきなり退社が出来にくいが新人の悩みでもあります。

そのような時でも勤務時間等を柔軟に対応してくれるタクシー会社、特に中小のタクシー会社の場合は融通が利きます。その点も入社志望の選択肢として考えておきましょう。

6.研修制度がしっかりしている会社

いざ入社・研修してみると「にわか研修」の会社が多いようです。最初からそれが分かっていれば良いのですが同乗研修でも2日間や3日間と言う会社もあればじっくり実車まで一か月程度を掛ける会社もあります。単独乗務になるための適正基準など知っておいた方が良いでしょう。単独乗務の承認が出ず、解雇される場合もあります。

実際にそこでタクシー乗務員としての適正が判断されるのです。接客も当然ですが一人で乗務できないような運転の方も居ます。ベテランドライバーが同乗して初めてその人の運転技術が明白になるのです。

実際に長く同乗研修をしたい方も居れば、2日間で充分な方も居ますのでその点も事前に知っておくと良いでしょう。

 

7.営業所内の設備について

大半のタクシー会社の求人に仮眠室という設備を見かけると思いますが実際最近はあまり使われていません。極一部の乗務員が利用する場合もあるようですがあまり衛生的ではないのと同時に早朝ともなれば始発の電車が動き、その電車で帰る人が大半です。またマイカー通勤で納金を済ませて帰るというので現状です。

自動洗車機もある会社がありますがホースで水をかけるか洗車機で水洗いかの違いに過ぎなく、最終的に水拭きや仕上げ作業は手作業なのであまり関係など考えてよいと思います。帰庫後に疲れての洗車において一番良いのは充分なスペースが確保されるどうかです。狭いスペースでの洗車は苦痛に感じますので営業所のスペースは重要な要素と言えるでしょう。

未経験でタクシー乗務員を目指してみようと考えている場合、色々な会社の求人の中でどのポイントを注目すれば良いのか?

上記で7つの注目したいポイントをまとめました。
業界特有の勤務体系・給与システムなど応募前に知っておきたい基礎知識と併せて面接時に確認しておきましょう。

そして面接する際には

求人情報の中に「未経験者歓迎」といった文言が入っていますが現在のタクシーの求人採用は9割以上が未経験者です。
面接で内定をもらうためにも接客業としてふさわしい誠実さや丁寧な対応・清潔な身だしなみといった基本的なマナーがポイントです。

面接先において「他のタクシー会社ではなくその会社を希望する理由」や「目標とする働き方」などを一応は明確に説明できることで高評価されやすい傾向があります。
面接を受ける前には求人概要などを閲覧し、業界内の位置づけや企業理念・その会社の特徴を整理しておくと良いでしょう。

益々広がる高齢者へのサービスを充実や会社ごとの独自の配車など会社によって取り組みを始める会社も増えています。タクシー会社も様々な方向性のキャリアを目指せるようになりました。

タクシードライバーとして未経験からでも即戦力として活躍できるのものタクシー会社の特徴です。働きやすい条件を心に留めてあなたの働きやすい会社を探してみましょう。

▼首都圏のタクシー会社求人が掲載!紹介した方。全員に入社祝い金を支給します。


◎首都圏のタクシー求人なら

"メイクスタッフ"へご相談ください。 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシー会社へ入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

◎求人情報に記載されていない情報もたくさんあります

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-初めてのタクシー就職, 就職前のおすすめ記事

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.