女性ドライバー

多摩エリアで女性タクシードライバーが引く手あまた!モテまくり

多摩エリアで女性タクシードライバーが引く手あまた!モテまくり

都内であれば100人に1人ぐらいが女性ドライバーであり、お客様から珍しいと言う声が掛かる。

その中で女性の利用客から特に夜間などには安心して自宅まで帰れると言われ、喜ばれている。

また都下の多摩エリアや埼玉・神奈川・千葉の近郊エリアの営業では駅付け・配車営業の地域密着の女性ドライバー達を多く見かけるようになった。
やや失礼なお話ですが、以前はオバチャン的な女性だったのが最近は若い女性ドライバーも見かけ、ミス・タクシードライバーも開催されるくらいのカワイイ容姿端麗な方もいる。

都内の流しを主とするタクシードライバーの場合は一般の路上にて無作為に手を上げて乗車するのが通常。
それに比べて多摩エリアや近隣の県の利用者の特性は構内指定の駅に付待ちがメインである。
更に無線配車が多い時は半分くらいの利用者となるのである。
営業する手間や能力が要らないこともあり、その点女性ドライバーには最適かも知れない。

配車利用される方は、いわば常連客や顔見知りなのである。
いつも利用される方なので顔見知りも当然のように増えるのである。
そうした中、お客様の中には女性ドライバーを好む方も大勢いるのです。

本来、配車は一番近い車両がその目的地に行くのですがやはり常連さんから“名指し”で言われる場合が多いという。
会話が弾むことや何も言わずとも目的地に安心して行けるからなのです。
女性ドライバーからの話によると名前を聞かれ、領収書の裏に書く事も多いそうです。
当然だがチップも多いと言う。

女性タクシードライバーのモテまくりの1つには現在100人に1人という希少性の高いドライバーに乗車することで物珍しさから声や会話が掛けられることである。
通常であれば声を掛けることの無い方でも女性ドライバーだと多少話しやすいのかもしれない。

多くの老若男が女性ドライバーに話しかけてくると言う。
会話する事で利用者から目的地への道を詳しく聞ける利点もあるという。
また多少の道間違いも大目に見てくれるそうだ。
正に女性ドライバーならではなのです。

タクシードライバーとして不明な道を聞けるということは一番のメリットです。

実際にこんなエピソードがある

入社当時研修でベテラン先輩ドライバーの同乗指導の際、停車時にギアをニュートラルに入れていなかった事で教官より激怒された。その権幕でその女性はその場で車を乗り捨てて、研修を放棄して営業所に戻ったそうです。その後その激怒した教官はその女性の研修後、教官から身を引いたそうです。本来であれば指導教官の指導が全てです。女性と言う事もあり尊重したのであります。

その後、養成研修は新任の先輩ドライバーが受け持つ事になったと言う。ベテラン先輩ドライバーは抗議もせずに身を引いたのです。男性の新人なら考えられない事であり、一般的には営業所として許されないでしょうがやはり女性ドライバーの特権のような一例です。

 

「女性ドライバー応援企業」 認定制度の設立もバックアップ

「女性ドライバー応援企業」認定という制度が平成27年度に制定されているが内容的には大まかにこんな感じである。
これからの女性ドライバーにとっては大変優遇される内容であります。

 

1).目的

タクシーは、地域の移動手段を提供する社会基盤産業の一つであり、利用者のニーズに応じて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供する重要な公共交通機関である。
しかしながら生産年齢人口が減少する中、タクシー事業においては労働力不足や男性に依存した就業構造が課題となっている。

一方タクシードライバーは、働き手に合わせた柔軟な労働時間、ローテーションを構築することが可能で、労働環境を整備することで子育てとの両立が実現できる職業である。また、タクシーサービスは地域に密着したサービスであり、タクシー事業への新規就労・定着は、地域での雇用の増加、経済の活性化に資するものである。

こうした状況等を踏まえ、平成26年7月国土交通省自動車局においては、潜在的労働力である女性の就労促進を始めとする自動車運送事業等における労働力確保に向けた取組を定めたところであり(『自動車運送事業等の人材確保・育成対策』)、また「交通政策基本計画」(平成27年2月閣議決定)においては、女性ドライバーの数を2013年度から2020年度にかけて倍増する(約6,700人→約14,000人)こととされている。

今般女性ドライバーの採用に向けた取組や、子育て中の女性が働き続けることのできる環境整備を行っている事業者を支援・PRすることを通じて、タクシー事業における労働力不足の解消に向けた女性の新規就労・定着を図る。

上記などの業界の課題もあり、女性ドライバーへの支援は益々強化されています。最近はアルバイト・パートとしても時短により働ける時間帯を考慮する会社も増えて来ました。

 

2).認定制度の概要

女性ドライバーの新規就労・定着に取り組む事業者を認定し、認定事業者を国土交通省HPで紹介する他、当該者に対して「女性タクシー運転者の新規就労・活躍推進に関するモデル事業業務」(平成27年度)の報告書及び関連冊子等(以下、冊子等)を提供している。


3).認定基準

以下の3点を満たす者を「女性ドライバー応援企業」として認定するものとする。

[1]雇用目標:女性ドライバーの雇用目標を設定している事

[2]労働環境:女性ドライバーを含め、従業員が働きやすい施設・勤務形態の整備等に取り組んでいる事または整備に向けた目標が明確である事

[3]情報提供:労働環境に係る情報(勤務形態、福利厚生等)を公表している事

これを機に女性の施設はトイレもロッカールームもほぼ独占で最近新設したところも多く、女性が働きやすいよう改善されている。

近年女性ドライバーの採用・育成をしたいがため色々とタクシー会社も駆使しているのである。

こういった状況で当然のように“モテキ”なのである。

今後女性や個々指名制などができれば乗務員の励みにもなり、お客様と乗務員のコミュニケーションが図りやすくなるのではないでしょうか。



▼1都3県のタクシー求人情報が満載!

当サイトよりご紹介した方全員に”入社祝い金”を支給します。



◎1都3県のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシー会社へ入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

▼当サイト“登録”からご紹介した方全員に”入社祝い金”を支給します。

求人情報に記載されていない情報もたくさんあります

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-女性ドライバー

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.