人気記事 評判/業界・ニュース

今年 2020年2月1日に首都圏の一部地域でタクシー運賃改定

 

タクシー運賃値上げ分は乗務員の労働条件改善に充当により「賃金」が上がると予測

運賃の改定により乗務員の給与(賃金)が上がると予測される。

利用者にとって短距離利用はお得な料金となるが長距離利用は引き上げにより一旦は利用者の減も懸念される。しかし東京23区で2017年に導入された初乗り410円をベースとしたタクシー料金改定後、効果として全体で利用回数・タクシー収入ともに増加したとの結果がでている。

東京の初乗り410円タクシー導入の効果は利用回数が6.1%増、収入が2.8%増」)。

ココがポイント

「ワンコイン」タクシーが重宝する

東京・多摩地区の場合、初乗り500円その後も100円の加算料金のため、10円や50円玉が不必要となり、計算しやすいのも乗務員にはありがたい。と乗務員同士で話題となっている。

タクシー運賃改定について東京都多摩地区、神奈川県京浜地区・同相模・鎌倉地区、埼玉県A地区・B地区、千葉県A地区・B地区の7地区における新運賃。

現行は2kmの初乗り距離を1.2~1.47kmへ短縮し、初乗り運賃を740円から500~620円に値下げする。一方で加算運賃は加算距離が短縮される上に運賃も90円から100円へと値上げされる。

加算料金の引き上げについてはタクシー運転者の労働条件改善を図るためとして「新改訂」に乗務員も期待が寄せられている。

↓併せて読みたい

都内23区のタクシーでなくても迎車(配車)や駅構内の付け待ちで充分に稼げる

 

-人気記事, 評判/業界・ニュース

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.