人気記事 就職前のおすすめ記事

タクシー転職への決め手・ランキング1位は「安定性・雇用形態」

2位「収入面」、3位「勤務時間・休日数」

タクシー転職の決め手ランキングベスト10

タクシーの転職相談や問い合わせで弊社に相談される方の7割以上がタクシーの就職が未経験の方です。

初めてのタクシーを考えている方は仕事の内容で不安を抱えているというのが一番の特徴です。

やはり初めての業種という事であれば誰にでも不安は付き物です。

タクシー転職された方のアンケート調査から「タクシー転職への決め手」を読み取ってみましょう。

 

「タクシーに転職しよう」と考えた理由とは?

1位は「安定性・雇用形態」(157人)、2位は「収入面」(59人)、3位は「勤務形態(時間・休日数)」(34人)という結果となりました。回答数:343名(複数回答)

4位「会社・人間関係が良さそう」(28人)、5位「仕事・内定が直ぐに貰える」(19人)、 6位「通勤が便利」(17人)、7位「ハローワークで見つけられた」(12人)、8位「運転業務を探していた」(8人)、9位「女性でも出来ると思った」(7人)、10位「知り合いに乗務員が居た」(2人)

 

1位の「安定性・雇用形態」と回答した人の傾向として、過去に解雇や人員削減・給与の低下など会社側の経営状態の悪化などを経験した方が多数を占めている。
会社都合、そして任意退社など特に珍しいケースではないが現在の雇用問題が関係していると思われる。

本来であれば希望を抱いて転職先を見つける事が最大の転職のキッカケとなる訳だがタクシー転職に限って言えば将来を見据えた転職と考えてよいでしょう。
タクシー乗務員の平均年齢が高く全国的には60歳前後であり、入社される方の大半は40代後半から50代の最終職と考え、「安定性」を希望されているようです。

 

2位の「収入面」については不況に大きく影響されない業界として、ある一定の収入が得られる事が理由である。
但し今回のコロナのような事態では影響も大きかった。
この最近の傾向として高齢者や交通弱者の利用者の方が増加しつつも全体的には単価の低下による売り上げの減少がある。
しかし他の業種とは違いまだまだ需要は見込まれる。
近年は「高収入」というより年齢の高い乗務員や女性も含めてある程度の安定した収入が得られると考えての事だと考えられる。
特に最近は女性の応募が増えている傾向にあり、その反面高収入を望む30~40代前半の応募者の低下傾向にある。

2位の収入面に関しては1位の「安定性・雇用形態」と回答した人と多少共通する項目であり、退職にあたり「安定収入」の確保が優先と考えられる。
実際にタクシー業界としての平均年収は判明している。高額所得を稼ぐという認識とは違い「収入が安定している」(50代女性)や「前職より収入は落ちるという」(40代男性)中でも転職にあたり納得できる収入なのであろう。

 

3位は「勤務形態(時間・休日数)」であり残業が一切なく決められた時間での勤務や月別のシフト変更の申告により、融通が利く。
そして何より私用や急用の場合にも休めるというところが良いと回答した人の声が多数あった。

 

4位「会社・人間関係が良さそう」(28人)と回答した方の中では前職の仕事での上司や人間関係でトラブルが生じたケースが多い事から転職となったと考えられる。

 

5位「仕事・内定が直ぐに貰える」(19人)タクシー業界では慢性的な人で不足で常日頃より募集を掛けており、大半の方が内定をもらえる事実もあり、他業種と併せて検討している場合でも最終的に内定の出るスピードが早いタクシーの就職に決めたという方と考えられる。

6位「通勤が便利」(17人)タクシー会社の求人の特徴として、一般の仕事とは違い長い通勤時間を掛けて通勤に向かう必要がない。
住んでいる地域近辺で勤務できる事が多い。またマイカー通勤も出来るという点もあるだろう。

タクシー転職への決め手として全体的に考えられる事としてタクシー自体の仕事の業務は別にして安定して収入が得られるという事での選択肢だと考えられる。

「待遇」や「働きやすさ」という観点より選ばれている傾向があり、前職との因果関係があり早期退職・解雇・派遣切りなどタクシーの雇用の特徴とも言える「安定雇用」と考えられる。

特に1年以上続く新型コロナの影響は雇用全体に大きな影響を与えているといえるだろう。

 

タクシー会社の面接を実施した数は?

タクシーの転職活動で何社に面接したのかを聞いたところ「2社」(125人)が最も多く、「1社のみ」(96人)、「3社」(42人)、「4社以上」(6人)と続いた。
一人あたりの面接の平均数は1.6社となる。
当初は多数の面接を希望したいと言う人も居るが面接する会社より内定をもらいそこで転職する事を決めている人が多い。
事前に数社の求人情報の内容を検討し雇用条件があう会社で入社しているようである。

 

2021:最近の傾向

ココがポイント

女性の面接の機会が増えています

弊社では昨年まで年間数人程度でしたが今年に入り、女性からの問い合わせ・面接する方が増えています。
実際に最近は都下の多摩地区や神奈川・埼玉などの駅の付待ちで女性ドライバーを多く見かけます。
一般の方が目にして興味を抱いていただければ更に女性ドライバーへの認識も高まるでしょう。
タクシー会社も積極的に採用に取り組み施設の整備をしています。

タクシーの仕事は初めての方でも特殊なスキルが要らない職種です。
普通免許さえあれば、女性にでも出来る仕事です。
というより接客と言う点では女性向きの仕事のようです。
収入面的にも安定した収入が得られる事でもと考えるべきでしょう。

今回の調査は2021年1月~3月、街頭配布のアンケート及び求職者よりアンケートの返信実施。300人から回答による

東京・神奈川・埼玉・千葉の求人件数最大の500件が掲載
入社した方全員に”入社祝い金”を支給しています。


◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して”無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。

現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。

タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。



▼エントリー(登録)からご紹介した方全員に”入社祝い金”を支給します。

◎求人情報に記載されていない情報も沢山あります。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-人気記事, 就職前のおすすめ記事

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.