初めてのタクシー就職 就職前のおすすめ記事

東京の大手と中小のタクシー会社はどこが違うの?!

簡単に言えば"大手は知名度ブランド力"があります
どの業界
にも
言えますがブランド力の違いで待遇も変わるでしょう。
タクシーの場合の大手と中小の会社はそのブランド力により
どう違うのかを説明していきます。

目次

1タクシー会社の保有車両数と人材の管理体制

大手や準大手は保有車両数と売り上げ規模が中小タクシー会社と比べるとかなり違います。

当然社員数も多く、部署間の管理体制がしっかりしています。

都内の中小の場合は1社の法人は50~100台規模くらいと考えれば良いと思います。
その場合、100台で約200名前後の乗務員規模が一般的です。
本来、保有車両数の2.5倍で乗務員数で90%以上の稼働率が理想ですが、最近は少子化や労働者不足が響き、乗務員不足で人材が中々集まりません。

また各会社の規模により、管理体制も違ってきます。

規模が小さい場合、専属の採用担当が他の業務と兼任したり、採用担当が研修をするなど兼務が多くなります。

大手の方が教育面で充実していると言えるでしょう。



2.安定した収入を稼ぎたいなら大手・準大手

規模が大きいということはそれだけ稼げる様々なインフラがハード・ソフト面共に整っているという事です。
大手会社のインフラを利用して、営業収入を増やせる事で収入アップに繋がります。

その良い例として中小の会社が大手4社の一画として提携業務により傘下となるケースがあるかと思います。
大手や準大手は自社無線により、多くの固定顧客がいます。
予約や迎車のよる配車の件数や利用単価が高いのも魅力一つです。

その替わりに中小の場合は東京無線やチェツカーなど連合体(協同組合)の無線に加盟しています。

また都内には大手の専用乗り場もあり、降車後に最寄りの乗り場に行く事で効率よく売上も上げられます。
そして大手・準大手では独自のチケット発行により、特定の高額な利用者がいる事。
更に大手4社に限っては4社共通チケットという日本交通・帝都自動車交通・国際自動車・大和自動車交通のグループだけで使えるチケットが企業で良く使われるのも魅力の一つです。

「流し営業」以外の多くのお客様に利用される事ができる点でやはり大手が優位にある事は間違いないと言えます。



3.大手の組織で乗務する以上、ブランドを背負い乗務します

都内の大手会社のブランドなら高収入が見込めるという事で全員が入社している訳ではありません。会社にはそれぞれの個性があります。
一方その中でデメリットも存在します。
ブラントを維持するための厳しい研修や煩わしいとも思える社内規定など大手の各社により違いますが多少あるようです。

大手と言っても入社される会社で個性があり、選ぶのに考えてしまうのです。
大手4社でさえ一社ごとに入社の待遇面や管理体制が違うという事です。

本来タクシーの魅力の一つは自由に乗れて自由な時間を過ごせるという事です。
縛りが大きいと煩わしいと感じてしまう方も実際にいます。

大手と中小を天秤にかけた時に稼ぎやすいのが大手、縛りが少なく自由な部分が多いのが中小というイメージです。

中小の募集待遇は高めの歩合設定により集客をはかり、一切の手数料関係も負担をかけないようにしています。
事故の負担等も中小の方が手厚く有利とさえ言われています。

大手は高収入だけど規則が厳しいというのが一般的な業界の認識になっているようです。

大手の場合、ブランドを背負う事で接客・接遇に関する規則や指導等も中小と比べれば厳しいといえるでしょう。

▼首都圏の優良タクシー会社の求人が掲載



4.選択肢は二つだけど、やっぱり融通が利くのが中小

中小の会社はそれぞれに融通が効くというのが一番の魅力です。

大手の場合は一切の融通が効かない。なぜなら何千人の乗務員がいるので一人一人の希望や言い分を聞ける体制でないという事です。

初めてタクシーに乗務される方にとっては心配だらけでしょう。
そんな不安も中小なら面倒みてくれる場合もあります。
大手の場合は自分で解決していかなければいけません。
中小の乗務員に聞くと気楽に乗りたい。接客に関しても厳しい事は言われないから選んだというのが一番のようです。
大手との違いは自由度・気楽さだといえます。

大手は大変でも稼ぎたいという方とそこまで稼げなくても良いから自分の時間や自由な勤務体制がいいという場合には中小の会社を選ぶのが良いでしょう。

規模で選ぶのではなく、大手4社の提携先の選択肢もありますので視野に入れて考えてみるとようでしょう。


5.タクシーの転職を繰り返すことで不利になる

退職率が高い事でも知られる業界です。
その場合、他社のタクシー会社や一般の業種へ転職されます。

但し、ここで気を付けていただきたいのは会社により規定があり、タクシー経験者を受け入れない会社がごく一部あるという点です。
理由は他社でのタクシーの癖や垢がついた乗務員を入れる事で悪い影響が生じると判断しているのです。

ですから一般的には大手から中小への転職はできますが中小から大手への転職は明確な転職理由が無い場合は若干難しくなります。

その意味では最初に入る会社は慎重に考えるべきでしょう。

そして何を一番重視して選ぶのか?

大手と中小のタクシー会社の違いにより、あなたに合う方を判断できると思います。

1社の会社と決めつけず、数社の説明会や面接をしてみはいかかでしょうか。

▼首都圏の優良タクシー会社の求人が掲載



◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

◎求人情報に記載されている以外の知りたい情報も多いのではないでしょうか。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-初めてのタクシー就職, 就職前のおすすめ記事

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.