就職前のおすすめ記事

大手4社と準大手、そして中小のタクシー会社選びに必読!!



東京の大手4社と準大手、中小のタクシー会社の特徴

タクシー転職の場合、会社の規模だけで選ぶ方はいません。

多くの方は稼げる会社かどうかその部分を重要視しているのですが中小タクシー会社・大手タクシー会社のそれぞれに違う良さがあると言われます。
タクシー未経験の方が比較した場合、どちらが転職先としてよりメリットが大きいのか、
今回はタクシー業界の事情を踏まえてご説明いたします。

目次

 

1.大手タクシー会社のメリット

都内での話ですが業界内で初めてタクシーに転職される方の大半は大手タクシー会社へ入ります。しかし最終的に中小のタクシー会社へ転職により落ち着く方が多いのも事実です。
タクシーの離職率が7.5年と言われていますから、早い方ですと「給与保障」が終了する2年後が転機でひとつの節目となるかも知れませんね。

この逆となる中小のタクシー会社から大手タクシー会社へ入ることはあまり無いという事です。

それは何を意味するかというと、中小と大手の特徴としてメリット・デメリットがハッキリしているからなのです。

高収入が稼げる会社は大手タクシー会社の方が断然有利となります。
なぜなら無線単価・専用乗り場が多々あり、顧客の利用者に富裕層が多く、企業においても利用される各種のチケットなど高単価だからです。
すべてに於いて高収入のためのインフラが中小より整備されているという事です。

俗に言うブランド力です。
それが2強と言われる日本交通グループと国際自動車KMグループで内容は違いますがそれぞれに特徴があります。

都内の業界4社と言われる提携先として中小のタクシー会社が一般的に言うフランチャイズ形式による傘下になる事はその大手のインフラを利用するためです。

当然傘下になるにあたり、それに見合うコミッションを本体へ払う必要があります。

ココがポイント

大手4社の直系本体の会社と4社の提携先のいわゆる中小のタクシー会社の違いを求職者から質問されますが基本的に「稼ぐ」という点では全く遜色なく、同じ条件となります。ですから通勤の利便性や諸々の待遇条件によっては提携先の4社の傘下に入社する方が良いかもしれません。

2.中小のタクシー会社で乗務するメリット

それは「働きやすいから」と聞きます。

大手で稼ぐためには会社の社則や乗務規定内で乗務をしますが1年・2年・そして数年もすると乗務に対する意識が変わってくるのです。

それがタクシー業界としても離職率の高さにもつながる事でもあります。
大手から中小への転職は比較的楽とされています。
違反歴や東京タクシーセンタークレームが無い限り、入社は可能でしょう。

更に採用に於いて提携先の中小タクシー会社は4社の大手より柔軟で待遇が良い会社を見かけます。
例えば国際自動車Kmの本体は一切の祝い金が無く、社宅も完備していません。
km提携先の中小のタクシー会社は祝い金や社宅等の完備している会社もあるのです。
また一旦はタクシーの乗務を辞めて他の業種に就かれる方もいます。
しかしながらタクシー乗務自身のメリットも良く熟知していますのでタクシー業界へ戻る方も少なくないのです。
他の業界と比べて特徴的な職業であることは間違いないのです。

ですからタクシーに再度乗務される方も多く、特に50代・そして60歳過ぎての高年齢でも採用してくれるという業種として高待遇にあるのです。

単に「稼ぐ(高収入)」事だけに特化しなければタクシーの仕事はある程度自由な仕事で自分のペースで仕事が出来るという最大のメリットがあります。
そして何より高齢者や障害者の方々の利用者に喜ばれ感謝される仕事なのです。

大手・中小のタクシー会社に限らず、好きな時に休む事ができる。
先ずはそれが何より一番のメリットです。一般の職業であれば休む事で同僚や会社に迷惑が掛かり、休みにくく結局は有休だけが溜まってしまうと耳にします。
そして「残業」がないというのがタクシー会社です。
時間が計算できるので自分のスケジュールが立て易いでしょう。1日の勤務時間は長いのですがその分休みが多く、プライベートの充実が図れる仕事です。

それではもっと具体的な大手と準大手・中小の比較をしていきましょ

▼首都圏の優良タクシー会社の求人が掲載

3.大手・準大手・中小で稼げるのはどこ?

基本は大手も中小も同じです。なぜなら東京都内の場合、営業のスタンスが「流し」メインとなるからです。

大手の方が有利だという事は明らかですが『流し』もタクシー乗り場の順番待ちも大手・中小のタクシー会社にこだわらない方がほとんどだからです。

平成30年3月の一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会の賃金構造基本統計調査では東京の平成29年の年収は4,185,100円、月給では平均348,758円とありますがこの平均月収の場合、月60万円の営業収入一日(1回)の乗務で50,000円がそれに相当します。
中小の売上一日の営収についても個人差はありますが平均的にも変わりません。

中小のタクシー会社と言っても各無線グループに加盟しており、東京無線やチェッカーや日の丸グループとしてグループ自体の規模はそれなりに大きく、無線配車のメリットは十分にあります。

ですから特に稼げないという事は無く、隔日勤務で営業所の場所により違い平均1日5,000~10,000円程度の差であり、中小のタクシー乗務員でも月間80万の営収を挙げる方は大勢います。

そして何より居心地が良い慣れた中小のタクシー会社で長く乗務をされる方が多数いるのが現状なのです。


4.初めての方に準大手のタクシー会社の様々な特徴が注目されている

中堅・準大手と言われる会社には日の丸交通・グリーンキャブ・東都自動車・飛鳥交通グループなどがあります。
規模も大きく営業所の数やタクシー台数などの面でも四社と比べて遜色ない会社もあります。

中小や大手とはやや異なる待遇面もあり、説明会に行ってみるとその体制に合っている人も多いようです。

東京・準大手の会社とは?

日の丸交通は過去に全国ハイヤー・タクシー連合会のトップとなる会長を務めるなど業界のボトムアップに貢献しつつも、乗務員の待遇面を真剣に考え実行している会社でもある。無理な乗務はせず、安全第一に考え働きやすい環境・設備している会社です。

会社員から定年を迎え、これからゆっくり乗務したい方ならこの会社が良いでしょう。また雰囲気も和やか、女性ドライバーが多い事にも定評がある。世田谷営業所は男性より多くなったという噂になるくらいです。

 

グリーンキャブは創業から乗務員を第一に考える事を徹底している。また教育にも力を注ぎ、数多くのプロドライバー養成にも定評がある。

タクシーの乗務員同士の中でも働きやすいと一目置かれるグリーンキャブ。創業者より乗務員の事故について一切の負担を掛けないというポリシーがあり、実際のタクシー業務の事を一番理解している会社でもある。つい最近では新型JAPAN TAXIは顧客より好評ではないと判断し、一営業所のタクシーをすべてカムリに変える方針を実現する実行力を示した会社でもある。都内のトップドライバーが大勢いる事でも知られる。

 

東都自動車交通は都内その近郊の首都圏25か所の営業所を拠点としており、1営業所の台数そのものは少ないが単独グループ会社として営業所数が一番多い会社とされる。グループ内には東都観光バスがあり運行管理業務はしっかり管理されている。タクシーに於いては柔軟に乗れる体制があり、事故につながらないことを第一として気軽に乗務できる点がドライバーにも好評な会社の一つである。

 

飛鳥交通グループは東京を中心に神奈川・埼玉など首都圏の大手タクシー会社です。大手四社にも準大手三社の位置づけされていませんが準大手三社・大手四社の大和や帝都の2社よりも大きな規模となります。ダークホース的存在かも知れませんね。

全国でも売上がトップ10に入り、都内及び多摩地区の営業所はすべて日本交通グループとの提携をし、行灯は「日本交通」のNに桜のマークを載せている。近年多角経営と柔軟な会社でもあり、社員への待遇面の良い点は全て取り入れている点では注目したい会社の一つである。

準大手とはいっても規模として大手タクシー会社にひけを取らないタクシー会社もあります。また近年中小タクシー会社の大手四社との提携が進んでいます。

売上面や福利厚生面など待遇面でも大手タクシー会社に比較して遜色ない会社様もあります。情報収集をして比較をされると、より自分に合ったタクシー会社がきっと見つかるでしょう。

 

5.大手・中小のタクシー会社に限らず求人の内容に注目する点

自分に合ったタクシー会社を探すというのは一見簡単のようで実は大変難しい事です。
大手が良いのか、中小の方が良いのかの判断は条件面だけに囚われずに考えてみましょう。

働くにあたり、誰もが長く高年収を得たいと考える方が多いと思います

そのためにも様々な条件を理解し働きやすい会社を選ぶ事が重要となります。

タクシー求人を見ていただき「気になる会社」を数社に絞ることから初めてみましょう

どの会社も好条件で記載されておりますが注目すべき点はその特徴となります。

タクシー会社としては差別化を図り求職者に有意義な点を強調しています。
他社ではない待遇などに注目してみてください。


そして前述にあるようにその会社の配属される営業所へのアクセス・通勤時間を考えてみましょう。

乗り換えが多いと近くても不便さを感じます。マイカー通勤も視野にそして最寄り駅より徒歩圏内か又はバス通勤かの確認もしてみましょう。

そして乗務員の負担として引かれる手数料や足切りの給与に関わる事や福利厚生の部分も確認したい点は意外と多いと思います。

給料待遇については概ね大手も中小も変わりませんが歩率やボーナス支給日やボーナスの比率なども一応チェックしておきましょう。

タクシー会社の雰囲気や社内のグループ活動等なども書かれていますが実際の程度の基準が曖昧で大手については人間関係に問題が生じる事は少ないと考えますが中小の場合は毎日顔を合わせる運行管理や課長・所長等により雰囲気は様々です。嫌われない程度に行動し、普通な方であれば問題ないでしょう。

中小のタクシー会社であれば営業所での面接で実際の雰囲気もなんとなく分かります。
大手の場合は面接する場所と配属される営業所とが異なり、見る事や雰囲気も入社するまで分かりません。
面接を終えて採用が決定したら是非行ってみる事も必要かもしれません。
あなたのイメージやポームページとは異なる場合もあるからです。

タクシー会社を詳しく調べていくと魅力的な転職先がきっと見つかるでしょう。



◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

◎求人情報に記載されている以外の知りたい情報も多いのではないでしょうか。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-就職前のおすすめ記事

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.