収入や給与 就職前のおすすめ記事

スバリ!東京のタクシー夜勤求人なら月収50万円以上が稼げます!



タクシー運転手で稼ぐなら夜勤務(ナイト)言われるタクシー業界に変化

最近は従来の隔日勤務から乗務の形態も変わりつつあります。

長い乗務時間を避けたい人には短時間(時短)による集中的な乗務、また夜勤や日勤の求人にも人気があるようです。

一台の車両を相方と言われる2名で昼と夜で車に乗務するのです。
人手不足により稼働率の悪い会社になると1台の専用の車両が与えられるくらいの状況化にあるようです。

そこで、今回は日勤と夜勤の特徴やそのメリットなど詳しく説明しますね!

従来の初乗務は隔日勤務という朝8時くらいから深夜2時くらいまでの勤務が通例でした。
未経験者の方の大半はその勤務形態から乗務します。
特別な理由がある方は別としていきなり夜勤務を希望しても採用されません。

様々な勤務形態がある会社は条件付きで数ヶ月後の勤務状況により希望の夜勤務のシフト変更が可能となるのです。最低でも3か月程と考えてください。

数年前はナイト(夜勤務)と言われる勤務形態は人気で誰でもなれるという訳ではありませんでした。なぜなら相方の日勤業務の乗務員を社内で募る必要があったからです。その為、社内では欠員待ちと言う状況が普通でした。

夜勤務の乗務員になる為には・・・・

通常の隔日勤務で事故や違反そしてお客様のクレームもなく、模範乗務員でなければなりません。
その期間で地理もしっかり覚えることが必須条件です。

本来の隔日勤務によってタクシー乗務が心身共に慣れてきます。
そして何より地理は昼間の乗務で覚える目的で隔日勤務とされています。

実際には運営管理上、隔日勤務一本の方が管理しやすいという事もあります。
日勤・夜勤がある事で点呼・帰庫・納金などの仕事量が倍になります。
隔日勤務というタクシー会社の特殊の勤務形態はタクシー業界の昔からの特別な風習です。

このような状況でも近年は乗務員不足を補う為、乗務員ファーストの視点より最低3か月後くらいに相方の昼日勤の空状況と加味して決定されようになってきました。

実質8時間足らずで1日4万円も稼げるのか?!

夜勤の営収の基準は都内であれば一日40,000円以上×24日間で960,000円が大よその目安になります。
19時くらいに出庫し4時~5時戻りとなるでしょう。休憩1時間も必須です。

あっと言う間に時間が過ぎてしまい、22時からは深夜料金という利点も活かせるのです。

一般的に隔日勤務で5万円前後の乗務員が、夜勤務になると8時間足らずで4万円稼ぐのです。
深夜の割増と併せて集中的に乗車、そして何より日中より渋滞もなく、距離が出るのです。
目安として2,500円前後のお客様を2件くらい利用いただく事で時給5,000円の営収となります。
8時間で4万円が大よその営収となる訳です。

隔日勤務の場合約18時間の長時間では集中力を維持するのが大変です。
朝一番は頑張れますが日中に休憩を取る事で中弛みしてしまうのです。
夕方から気合を入れ直しますが夜勤務の気合いとはそこに違いがあるのです。

一週間の体調管理に於いても隔週で土曜が休めます。
デメリットとしては夜型の生活になり、日中は睡眠を取る事しかできなくなります。
また人との交流も限られてきます。
しかしながらそこは有休休暇を上手に使って効率的な乗務をしたいところです。

そして一番のメリットは単純に“稼ぎたい”の一点です。
夜勤務はお金を貯金する上では一番だと思います。

営収120~130万円を稼ぐ一部の乗務員は手取りで50万円以上を手にする事ができます。
それがタクシー運転手のナイトの最大の魅力なのです。

近年働き方も多様化、昼日勤の求人思考の乗務員も増加しています。

タクシーの仕事に就きたい方で「最初(入社時)から日勤で働けますか?」という問い合わせがあります。
実は最近日勤にも人気が殺到しています。

なぜならやり方次第で“稼げる”のです

以前は高齢のタクシードライバーの勤務シフトとして考えられていましたが最近は日勤でも30,000円以上が稼げる傾向にあります。

一日30,000円以上×24日間で720,000円が大よその目安になります。
月収として40万円くらいが十分に得られる計算です。

その要因は夜の社用の乗り物としてだけではなく、最近は個人のニーズが増え、無線配車(アプリ)等やお年寄り・交通弱者の利用者の増加が挙げられるでしょう。
高齢者が益々増える中、定期的に午前中から病院に通い日々の買い物にも利用されるのです。
都内で車を維持するよりタクシーを利用した方が便利でかつ安いとも言われています。

そしてお迎えが増え、利用者より迎車料金が追加され高単価に繋がるのです。

朝6時・7時に出庫して夕刻の4時・5時には帰庫してくるので身体も楽で何より酔っ払いのお客様を相手にする事なくストレスも溜まりません。
日中の健全なお客様の利用により気疲れも少なくなります。

短距離の利用者が主ですが時短の中で集中的に稼働率を熟す事で営収が得られるのです。

タクシー乗務をすると分かりますが空車の時間が長くなる程疲れます。
その点お客様に乗車いただいている時の時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。
日中の時間は慌ただしく過ぎ、帰庫後は一般の職業と同様に夕食は自宅でいつも通りに食べる事ができるのです。

正に前職サラリーマン時代の生活スタイルで過ごせるメリットがあります。

日勤シフトもいきなり日勤という会社は多くありませんが最近の傾向として増えつつあります。
特に女性乗務員を積極的に採用している会社では日勤・パートなどの勤務や時短も幅広く働く環境が変わってきたようです。

タクシードライバーの仕事も一概に以前のように長時間乗務だけという訳ではなく、会社とあなた次第でいつでも替えられる事を知っておきましょう。

タクシー転職の良さとして、将来に渡って長く自分のペースで働けるという事です。
自分に向いている会社を探してみましょう。

但し、比較的大手の会社ではそのような煩雑なシフトは好まれず、受け入れて貰えない場合もありますから希望の会社の求人内容と併せて検討してみてはいかがでしょうか。

▼首都圏のタクシー会社求人が掲載!紹介した方。全員に入社祝い金を支給します。



◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

◎求人情報に記載されている以外の知りたい情報も多いのではないでしょうか。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-収入や給与, 就職前のおすすめ記事

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.