100人アンケート 女性ドライバー 就職前のおすすめ記事

会社勤めの煩わしい人間関係が嘘のように無いタクシードライバー

若い20代から30代の女性の大半が人間関係で転職

いつも仕事の人間関係で疲れてしまうあなたへ

職場の人間関係が合わなかったり仕事を辞めたいと思っているあなたへ


会社の人間関係はうまくいかなくて疲れる。

人間関係が面倒くさい。あなたは人間関係が面倒だと感じていますか?

 

会社勤めてしている人であれば職場の人間関係に悩んだ経験が大抵の場合はあります。
人間関係が苦痛な会社を選んでしまうと途端にストレスがたまってしまう。
働く女性の少なからずは「人間関係」に悩んでいるようです。
あなたはいかがでしょう。上手くいっていらっしゃいますか?それなら結構なことです。

今の時代、実に多くの人々が職場の人間関係に悩んでいるようです。

幸いあなたはそうでなくてもあなたの周りにも結構上司や同僚の女性関係が煩わしいく、転職した人がいませんか?

毎日顔を合わせる上司や同僚、仲良しだけど何かとプレッシャーの多いプライベートの友達。
決定的なトラブルはないけれど、気疲れしてしまうことってありますよね。
会社の人とは毎日顔を合わせなければならないもの。
どうしたって「職場の人間関係」は逃げられない課題です。

職場の人間関係って面倒だし(時には苦痛だったり)、本当に疲れてしまうものです。

統計によると大なり小なり女性の9割が職場の人間関係に悩んでいるそうです。

女性の転職の大半は人間関係、特に20代後半から30代は将来を考えて転職が多いようです。

さて話は変わりますが・・・
タクシーに転職してくる女性たちの中に職場の人間関係に疲れ、転職してくる人が増えています。訳を聞いてみました。

 

Aさんの場合は、前職の会社勤めに疲れてしまったのも、周りに気を遣うあまり自分は嫌われてるのではと思い始めそれが高じてパニック障害になり、悩んだ末に思い切ってタクシーに転職したそうです。
Bさんの場合は、あるサービス業のチームリーダーをやっていたのですがアシスタントの女性陣とうまく付き合えない悩みを抱え単独で頑張れるタクシー会社に相談にきて入社したとのことです。
タクシー会社の採用担当者はいわゆるキャリア系の女性からこういうご相談を受けること多いと話していました。
Cさんの場合は、新しい部署に変わり5ヶ月が経ちましたが女性の上司とうまく関係を築けませんでした。
友人に悩みを打ち明けると同じ悩みを抱えている女性がタクシー会社へ転職した話をしてくれたそうです。
そこでタクシーへの転職に踏み切ったそうです。
この人は英語が話せるのでバイリンガルタクシーの観光部門で外国人客を中心に乗せ毎日を楽しんでいると言っていました。

「職場の人間関係で悩んだことがある」
と言ってタクシードライバーに転職してきた人に最も悩んだ相手について伺うと「上司」が多かったのです。

その次に多かったのは女性同士の人間関係トラブルでした。

人間関係につかれた女性がなぜタクシー会社に転職するのか?

転職した女性ドライバー達は言います。

タクシードライバーという仕事は会社に出勤し、点呼と出庫の準備を済ませますとそれからは日がな一日単独による一人きりでの乗務をします。
あとはお客様を乗せるだけの仕事ですから普通の会社組織とは全く違い、ほとんど同じ社内での人間関係のトラブルやストレスは生じにくい。
ここがタクシードライバーの特殊でもあり魅力であると言います。

以前は、単純な動機として運転が好きだとか!稼げるからという動機だけが多かったのですが最近は変わってきました。
ストレス時代だなとつくづく思います。

さて職場の人間関係の煩わしさのない仕事だから、と単純にタクシー会社を選ばないことです。
知っておきたいことは雰囲気が良い職場の見極め方も必要です。

なぜならタクシー会社にも規模や特徴も様々あり、由も悪しきも会社のセクションとの関わりを持つことになるからです。

会社選びには入社後の待遇として働く乗務員に対して親身な組織になっているか
温かい指導・支援をしてくれそうかを重要なポイント
として考えておきましょう。

タクシー業界には大別してタクシー・ハイヤー・介護タクシー・運転代行と4種類の職種があります。
初心者としては迷わずタクシーを目指してください。

やはり基本はタクシーが原点。

またドライバーの雇用形態には大きく分けて正社員(基本給+歩合制)と一部に於いて最近はパート・アルバイト(定時制)の2種類がありますが、正規雇用の正社員契約が一般的です。

最初の養成という初心者は、規定は正社員による乗務ですが、隔日勤務のような夜間から深夜までの乗務だけでなく、朝から夕方までの日勤乗務が主流になり、女性の視野もそこにあるようです。

女性の場合、先ずはタクシーの一般乗務になれることが先決です。
仕事としての長時間の運転や道を覚えることなどに慣れることです。
そうすれば収入面的なことは日々の乗務、そして毎月の成果として必ず結果として現れます。

とりあえずストレスケアとライフバランスを先に考えて事前にタクシーの職業を良く理解し検討することおすすめします。

人間関係の逃避だけでなく、タクシー乗務するにあたり、適正的にあなた自身にも問う必要があります。

タクシーでは職場の人間関係の煩わしいことはありませんが職業としてそれなりの試練はつきものです。



◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシーの入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

◎求人情報に記載されている以外の知りたい情報も多いのではないでしょうか。

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

-100人アンケート, 女性ドライバー, 就職前のおすすめ記事

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.