初めてのタクシー就職 評判/業界・ニュース

タクシー就職に追い風!シニア(60才以上・定年退職者)に週2日の月8乗務が人気。

シニアの60歳からの就労が優位に

60~64歳の在職老齢年金制度の減額基準額が現行28万円から47万円に引き上げられる。

当初は62万円から修正案として51万円、最終的には47万円に決定。

在職老齢年金制度は賃金と年金の合計月額が基準額を超えると年金が減らされる仕組み。

「高齢者の働く意欲をそぐ」として、今年の6月に決めた経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で見直しがされた。

今回の制度の改定により61~64歳のシニアが再就職して稼ぎたいという気にもなります。しかし職探しにも限りがある年代。

タクシー会社ではそうした年代に向けて、12勤務などの正式な雇用より「働きやすい」雇用形態への案内が始まったのです。

↑準大手の採用にも65歳で未経験者を採用

さらに詳しく

シニア(60才以上)向けのタクシー求人は本当にあるのか?

60歳以上の方が活躍するタクシー求人をお探しですか?

先ずはタクシー乗務員になるには「普通自動車2種免許」が必要です。

大よそ62歳までが就職するタクシー会社の負担で取得できます

但し乗務の期間的縛りがあり、会社によって違いますが長くて2年。約288乗務の縛りがありますので慎重にお考えください。

タクシー会社の多くが定年制度を設けています。

60歳または65歳の定年制が多いのですが未経験(養成)のタクシードライバーの場合、ご不安も多い事かと存じます。

そこで60歳以上の方を積極的に採用している会社をご案内したいと思います。

ココがポイント

60歳以上でも働けるタクシー会社の魅力

定年後のタクシーキャリアをいかに考えるかがポイント

タクシー会社の中には70代で現役タクシードライバーの方もいらっしゃいます。

全国的にも乗務員の平均年齢は60歳以上ですからこれからタクシー乗務員をされる方でもそう考えると60歳台は平均的なタクシードライバーとなります。

多くのタクシー会社には定年制度があり65歳の誕生月で定時制(非常勤)に切り替わったり、退職したりと勤務スタイルが変わります。

60歳以上でタクシードライバーになった方は65歳になる前にタクシードライバーのキャリアを積んで、65歳から自分にあった勤務スタイルで働いています。

ココがおすすめ

60歳以上で始めるタクシードライバーのメリット

最近はノルマも無く一日安全に走行していただける乗務員を積極的に探しています。

売上を上げるためのキャリアを積む必要もなく、初心者の方でも慣れれば3か月、それ以外の地域では1か月程度で地理も覚えてしまいます。

もしタクシードライバーに興味があるのであれば、始める時期は当然早い方が早く慣れます。

また一般企業の定年は65歳までのところが多く、ほとんどの会社がそれ以上の在籍を認めないケースが多いのが現状ですがタクシー会社は定時制(非常勤)という勤務スタイルに変わって働き続ける事ができるので定年後も稼ぎたい!と思っている方にはうってつけです。

しかもタクシーの勤務形態は隔日勤務ですので1日の乗務は長いのですが週に2回のみの出勤でOKなのでその他の時間は好きな事に使うことができます。

長期的に見て、売上も一定金額稼げて安定した生活が送る事ができると言えます。

多摩地区や首都圏、神奈川、埼玉、千葉の地元のタクシー会社なら自由に気軽に乗務できます。

↓あわせて読みたい

都下・三多摩地区のタクシー転職の求人おすすめ17選の大手優良会社の評判

是非一度、会社の説明会に参加してみませんか!

-初めてのタクシー就職, 評判/業界・ニュース

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.