初めてのタクシー就職

コロナ渦の中、タクシー転職は有り?それとも無し?

タクシー求人も新型コロナウイルス「COVID-19」で目まぐるしい状況が続く

現在の緊急事態宣言の中、タクシーの求人はどうなっているか?
その状況について現役のタクシー乗務員に取材しました。

先ずはタクシー会社の求人は最悪の場合、タクシー会社自身が「休業」や「乗務員待機」などの対応を取る場合があります。
そして次に営業はしているものの「営業車輌」の稼働日数の縮小や営業時間の自粛による時短営業が現状のようです。
コロナ発生当初はタクシー会社の求人も相当数ストップされていました。
そしてその直前まで採用した未経験者の方も「給与保障」の件で社会的に取り上げられていました。

それから1年以上経ち、乗務員自身も勤務形態を「隔日」勤務から「日勤」に転向するなどシフトを柔軟に対応しているとの事・・・。
初めての苦難をタクシー会社も乗務員もこのコロナ渦を柔軟に受け入れて乗務してきたのです。

この長引く「コロナ」も終息どころか変異ウィルスが猛威を振るう中、個々のタクシー会社の乗務員の気配りから始まり、車両のコロナウイルス感染防止に伴う取組みも強化しつつ通常業務に戻す努力も怠らないようです。

コロナウイルス感染防止に伴う取組みにも試行錯誤

飛鳥交通のコロナウイルスの取り組み一例

◎全車両で車内の除菌清掃を行っています。乗車時においても除菌清掃を心がけています。

◎車内はビニールのセパレーターを設置し、運転席と客席を遮断して乗務員の感染リスクを低減させております。

◎持病のある乗務員は優先して休業させ、今回のコロナ休業補償率も同業他社より手厚い保障率で実施しております。

◎乗務前・乗務後のアルコール検査器で使用するストローは全て使い捨てに変更しております。

◎拠点営業所には強力オゾン殺菌機を配備し、車両内の殺菌が可能です。

◎疑わしい乗客をお乗せした場合は会社判断により乗務員を2週間の自宅待機とし、その間は休業補償をしております。

◎勤務シフトの変更は柔軟に対応し新型コロナウイルス感染リスクの低減に努めております。
※上記内容は「飛鳥交通」ホームページより


このような取り組みは一例ですが、タクシー各社が実際に同じような取り組みをしています。

「マスク」は常時お客様に着用のため進呈用を常備、また車内の消毒スプレーも設置など、都度乗務員も外気の空気の換気を実施しているようです。

そして何より最近は65歳以上そして段階を経て60歳前半などコロナワクチン接種を終えてのタクシー乗務員も多いようです。

意外なタクシー利用者が増えている

コロナワクチン接種による会場への送迎や電車通勤からチェンジし朝夕のタクシー通勤と今までにない利用者が増えている。
総体的に各社が打ち出しているアプリ効果もあり、「送迎」の利用者が増えているのです。

近年の傾向として当然ですが日中の高齢者や身体的弱者などの病院・買い物利用も増えている。
日常に於いてタクシーは足代わりとして増加の傾向はあるようだが緊急事態宣言による夜間の飲食店の制限により、夜間の利用者の減が大きい影響を与えているのも事実のようです。

今なら乗務して、実際どのくらい給与は稼げるの!?

タクシーに転職しての給与についてはいずれも会社側の負担により乗務員への給与補填はしているものの全額ではなく会社の資金力や判断によりまちまちとなっているようです。

約3,000名を抱える大手グリーンキャブでは年金受給者でない年齢の乗務員全員に給与補填として追加で支給、その他にも毎月2乗務分の給与補填をしている状況だという。

都内やその他の近郊のタクシー会社の場合、1日の営業収入は45,000~70,000円前後の平均営収。

それがコロナ渦の最近(6月)までは35,000円前後だったという。但し7月度などは持ち直しの傾向もあり、北多摩エリアのタクシー運転手の「納金カード」を見せてもらったが50,000円以上の営収が得られている。その要因を本人に聞いたところ会社指定の構内駅付の場所や無線配車により、営収の違いが大きいと言う。

都内やその近郊のタクシー会社では、営業の大勢により違うが一日の営収は5万円前後とみるのが妥当のようである。
※但し、個人差はある

5万円×12乗務、60万円の営収、6割の36万円相当が総支給額となるようです。

これから判断しても、タクシー会社が求人情報に記載している未経験者の初乗務後の“給与保障”の月額30~35万円はうなずける金額である。


↑納金カードの実際名は削除。

今、タクシーに転職すべきか?

タクシーに転職するのが「最適」かというより、コロナの影響により一般の職種で人員削減・リストラ・解雇が尽きない状況下の中でタクシーの転職の選択肢があるのだろう。

毎月の相談、問い合わせがある中、大半がコロナ渦の転職のようである。不況下に最も影響すると言われてきたタクシー会社でもバブル崩壊・リーマンショックなどそれなりに「営業収入」を稼ぐ事ができたタクシー業界。
今回はかなり多大な影響があった事は間違いないでしょう。

その中でのタクシー運転手への転職は本当に「高年収」を望むものにとっては厳しい環境といえるでしょう。
数年前なら800万以上も稼ぐ乗務員がゴロゴロいたと言うがもうそのように稼げる事は難しいと当分は予測しています。

こんな方におすすめ

  • 全国的にタクシー乗務員の平均年齢は、もう既に60歳以上を超えている。
    そのような方の中には退職金や年金で生活を維持している方も多いでしょう。
    その方達にとっては問題なく長く働く環境として最適のようにも思えます。
  • 最近は「女性ドライバー」の乗務員が多く目に留まります。
    特に私が利用する多摩エリアの全般の地域では駅から家路でのタクシー利用時の3回に1回は女性乗務員、3分の1近くという事です。

そして最近目にする氷河期世代といわれる社会保険等の定職を魅力とし転職する方にとっても今回が底として見た場合、継続的に安定した収入が得られる事は間違いないでしょう。

今後増々「地域密着」の重要な仕事とも言えるタクシーの職業、今まで男性の職場というイメージから運転が好きな方・接客が得意な方・女性ドライバーにシフトしてきています。

様々な方が活躍できる職種なのです。

◎1都3県のタクシー求人なら
"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

首都圏の東京・神奈川・埼玉・千葉におけるタクシー会社の求人情報に対し”無料支援サービス”を実施しています。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシー乗務の情報をお伝えしたいと存じます。

現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度ご相談ください。



▼エントリー(登録)から採用された方全員に”入社祝い金”を支給します。


◎求人情報に記載されていない情報も沢山あります。

そのような時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

就職活動については、数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

日頃の求職者のご案内の上、タクシー会社の内情にも詳しく、是非、その利点をご活用ください。

-初めてのタクシー就職

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.