評判/業界・ニュース

いよいよ黒船の到来から上陸!ウーバ「Uber Taxi」のサービス開始が本格的に!



ウーバー・タクシー「Uber Taxi」のサービス開始

世界中で存在感を高めるPCやアプリを利用した配車サービス。

日本はいわゆるアナログによる電話受付による配車がメインだったが令和に入り、関係各社により様々なサイトやアプリが開発され、導入時期に至っている。

現在も法的には日本では自家用車を利用した配車サービスは解禁されていません

ご存じの通り、米国の「UBER(ウーバー)」や「Lyft(リフト)」、中国では「滴滴出行(ディディチューシン)」、そしてインドネシアのバイクタクシー配車サービス「GOJEK(ゴジェック)」など海外では次々と利用されています。

東南アジアで圧倒的な存在感を放つのが「Grab(グラブ)」です。マレーシアから発信され、シンガポールの配車サービスが広まり、現在、タイや東南アジアでは精力的です。

 

デシタル化の発展は顕著と同時に利用者の顧客の囲い込みが激戦することでしょう。

今回、タクシーやハイヤーの配車サービスを展開するUber(ウーバー)は、東京で「Uber Taxi」のサービスを開始を発表。

ハイヤーを配車できる「Uber Black」はこれまでにも提携会社としては、日の丸リムジン、東京エムケイ、エコシステムの3社で東京で展開してきましたが、乗車地点と目的地が、中央区、千代田区、港区全域と台東区の一部エリアの場合のみ利用。開始料金は417円、最低料金は545円、1キロあたり364円。迎車料金は各社規定により異なります。

サービス開始を記念で東京エリアで初めてUber Taxi利用者限定!初回無料。

その後3回の乗車が半額になるようです。その際のプロモコードは“TYOTAXI”

※初回無料は最大2,000円までとなり値引き期間は7月31日迄。

その後3回の半額は各回、最大700円まで値引き期間は初回乗車から30日以内となる。

↓以下は利用者の登録画面

今後のタクシーの雇用や求人と併せて、この動向に注目されるでしょう。

当然、世界的には、ドライバーのライセンスは日本のように要りません。
日本に至っては、「第二種運転免許」を持たなくて済むドライバーが増えることで、雇用問題やタクシー業界の将来にも関わる問題です。

近い将来、タクシー業界として、法人タクシー会社やそしてなにより、個人タクシーの既得権業務に脅威的であり死活問題となる話題です。

タクシー業界として、法改正や規制緩和等などが、今後の焦点になります。

日本の代表的なアプリをご紹介します。


 

都内で一番人気のアプリは最強の集客が図れます。

日本交通独自の最新アプリを使用した配車システムはスムーズな配車で効率よく、無駄なく営業収入をあげることが可能です。

アプリ900万ダウンロード!

手軽にを呼べるアプリを導入

スマートフォンから簡単にタクシーを呼べるアプリ「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」

スマートフォンならではの直感的な操作とGPS機能で日本交通グループ及び日本交通関連会社含む全国47都道府県の提携タクシー会社から、 お客様のご乗車場所近くを走行中の車両を簡単操作で呼ぶことのできるアプリケーションで、乗務員にとっては新たなお客様を獲得できる大切な営業ツール。

画期的なタクシーアプリ『フルクル』は優れもの!

都心ならではの空車のタクシーに乗車の意思を伝えるタクシーアプリ『フルクル』
電話でタクシーを呼ぶタクシーアプリとは違い『フルクル』は街中で手をあげて乗車する代わりに使うタクシーアプリです。
『フルクル』は半径500m以内にいるお客さまの位置情報が車載端末(ナビ)にリアルタイムに表示されます。

乗務経験のない人でも容易にお客さまを探すことが可能なKmグループ開発のアプリ。

都心部ならではの発想のアプリは便利で楽しそうです。

日本の法人タクシー会社も顧客サービスの一貫として、自由化に備えているようです。

▼首都圏の優良タクシー会社の求人が掲載



◎首都圏のタクシー求人なら


"メイクスタッフ"へご相談ください。
 

メイクスタッフでは、東京・神奈川・埼玉地域等を中心に首都圏の派遣と紹介サービスにおけるタクシー会社の求人に対して無料支援サービス”を実施しています。

労働派遣に於いて、運搬サービスの先駆者として創業20年を迎えました。

タクシーへ転職をお考えの皆様にとって、転職の不安を少しでも取り除けるよう現在のタクシーの乗務の情報をお伝えしたいと存じます。
現在、タクシー会社への就職を考えていらっしゃるなら、是非、一度、ご相談ください。
タクシー会社へ入社された方々の実際のお話や今現在も現役で乗務されている乗務員さんの実際のお話等を踏まえて、アドバイスしたいと存じます。

↓メールでの質問・問い合わせは

求人情報に記載されていない情報もたくさんあります

そのように時には、一度ご相談やご質問等でお問い合わせください。

入社先での後悔やミスマッチしないよう。
あなたの希望に合うタクシー会社様をご案内します。

また入社については必ず数社の説明会や面接を受けて判断するようおすすめしています。

そして、幣サイトでは、日頃、求職者のご紹介の上でタクシー会社内情にも詳しく、是非、その利点を転職で活用ください。

 

-評判/業界・ニュース

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.