女性ドライバー

「タクシー女子」の乗務は収入面で魅力的な職業

人生寿命も100歳、生涯の蓄えとして2千万円時代

約7割の家庭が共働きを選ぶ!

超長寿社会の日本、老後の蓄えは2千万円必要と金融庁の調査、世の中の物議を醸し出しています。

長生きはうれしいが不安も長く付きまといます。

今約7割の家庭が共働きを選び、女性は結婚してからも共働きをするパターンが珍しくなく、子どもを産んでも働き続ける女性が多いのです。

夫の収入だけでは不足・不安であったり、年金問題であったり、共稼ぎは今の時代ならではのあり方だと思います。

なにしろ共働きと専業主婦では生涯年収1億円の差があるとも言われています。

注目される子育てなどプライベートとの両立がしやすいタクシーが人気。

以前は、タクシーの勤務形態は、隔日勤務というのが主流でしたが、最近は働く人のニーズに多様化して、日勤や夜勤務なども希望する収入に併せて選ぶことが可能です。 隔日勤務なら月に最大13勤務できるのですが月の半分が明けと公休とお休みのようなものです。
しかしながら、女性が家を一晩空けることができないのも事実。カラダ的にもきついとされ最近は、「日勤」の乗務が見直され、人気に拍車をかけています。
現役の女性乗務員のアンケートによると、もうひとつの魅力として。家事やプライベートの時間が増えるというのです。
当然、タクシー乗務の残業は一切なし。
また、早くかえりたい日があれば、早めに帰庫することも出来るので、最近は柔軟になってきているようです。
休暇も希望した日に取れるので、家の用事や行事、旅行なども平日、休日問わず、ちょっとした連休で国内や海外旅行に出かけたりすることも出来るのですね。

最近はママさんドライバーが増えている理由。

若い女性といっても30代女性ですが、子育て世代やタクシー主婦にも人気。
その一番の理由は、なんと言っても「残業」が無いので子育てと両立しながら働いているママさんドライバーです。
一般のパートの収入に比べた場合でも、1.5~2倍の時給に相当するという。
タクシードライバーは基本的に、一旦出庫すれば、単独の1人でやる仕事です。
乗務が終わればそこで仕事が完結するので、組織的な連携の業務とやや異なり、会社や同僚に迷惑をかけてしまう」比較的ありません。
また、小さいお子さんを抱える悩みとして、「休んだら仕事に穴を空けるとか」!「残業があるのに子どものお迎えで先に帰らなきゃいけとか」といった心配なども無いので、仕事も生活面も思い切り充実を図ることができます。 この辺が人気の秘密のようですね!

こうした時代の背景や女性の社会進出意欲や社会の後押しもあって、多くの分野で女が活躍しています。

とは言え家庭と仕事の両立を考え、月収の金額、働ける時間をなど考えると理想にぴったり合う仕事はなかなか見つからなかったのですが・・・

ところが元来“男性の仕事”というイメージが強かったタクシードライバーの世界が共稼ぎ女性の求職選択肢として注目されているのです。

 

 

女性タクシードライバーに聞いてみると、女性のお客さんが増えてきたとか都内では一定の人が利用してくれるので安定した高収入がえられるから安心だからというのです。

いつの間にか利用客層が変わってきているのです。

定着しつつある「女性ドライバー」はお客さまから喜ばれる

「女性のタクシードライバー」というだけで、お客さまから喜んでいただけることが本当に多いようです。 お客様の大半の方が、なんだかの声を掛けていただきます。 励ましの言葉として、みなさん本当に応援してくださっているようです。 良くあるのが、買い物で買ったもの美味しいからよかったら食べて!とかなどと言葉だけではなく、つり銭のお返しのお金やチップ、差し入れをくださるお客さまもいらっしゃいます。 正直、女性乗務員の特権としてとしてこんなに喜んでいただけるなんて、タクシーの仕事なんてお得なんだろう!と思うようです。特に女性のお客さまからの声の一番は「安心して乗れるので嬉しい」と言っていただけるそうです。 また、男性とは違い、女性の優しい言葉かけに「こんなに丁寧に接客していただいたのは初めてです。」とお礼の言葉が、この仕事のヤリガイと全員がいいますね。 女性ならではの感性を活かして大切なお客さまに気持ちよくタクシーを降りていただけるような接客が功を奏しているのです。

更にタクシードライバーの職業が女性メインの時代に

タクシー業界もこれからのタクシードライバーは女性向きになるとみて、業界全体で女性に働きやすい環境を作ろうと努力しているようです。

タクシー会社も来てくれた女性は採用するという受け身の姿勢から積極的に女性ドライバーを採用していく時代に変化し、そのためのヒントが現れはじめています。

例えば、人を乗せることか多く安心して働けますよと子育てママにもアプローチするなど従来では考えられない変身ぶりです。

やはり一番には、タクシードライバーの勤務体系には夜勤を伴わない昼日勤という働き方等、柔軟な労働時間の設定が可能で子育てとの両立も実現でき、これまで以上に働き方の選択肢が増え始め生活スタイルに合わせて勤務体系を選ぶことも可能のようです。 そして、勿論、さまざまなタクシー会社がありますのでしっかりしたサポート・教育をしてくれる会社を選び、あなたのマッチした職場選びが必要です。

一度タクシー会社の求人情報サイトを覗いてみてください。

タクシーが子育てと両立可能な職業としていろいろ情報が出ています。

その取り組みへの真剣さが感じ取れますよ。

最近ではタクシー会社の努力が功を奏し、新卒の女性乗務員から30代~40代の女性ドライバーが活躍しています。

-女性ドライバー

Copyright© 大手タクシー転職のおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.